全ての人が自分の意志で治療・療養の場を選択し、人間らしい人生を送ることができるように在宅療養について考えていく。

子どもたちから高齢者まで、全ての人を対象に医療福祉に関する研修、啓発、相談、人材育成、子育て支援など地域医療と福祉のイベントを企画し安心して暮らせる街づくりに貢献する。




2013年1月に在宅ホスピス医内藤いづみ先生を講師で迎えました。前日の夜、親睦会を開催いたし、その時の写真です。山梨県甲府出身の内藤先生は若い時、イギリスで終末期医療、緩和ケアを学び故郷でホスピス医として活躍しておられます。講演では、人の生きざま、死を迎えるとき、の話はもちろん、ほかにシワ伸ばし方法、釜石の歌、宇宙の話など内容は多岐にわたり楽しい時間でした。死に方を考えると、生き方が変わり、生き方が変わった先には、大往生がある。


2015年10月に四日市へお招きしました。中日新聞で紹介されて以降、「看取り士」に興味があり、私のラブコールで講演会が実現しました。市民大学の講座で『超高齢社会・見取り事情』でも講座を担当していただきました。写真はその時のものです。柴田さんは愛情深い方で、抱きしめて送ることを信条として見えます。人は幸せに生まれ、幸せに生き、幸せの中で逝きます。幸せの旅立ちを約束します。


2012年6月と2014年7月に講演会へ来ていただきました。秋山さんは東京で訪問看護ステーションを開業し、まちの保健室、聞き書きボランティア活動の中心的な方で訪問看護師の先駆けの方です。著書「在宅ケアの不思議な力」人がその人らしく生き抜くのを支える新たなケアのあり方を構築してきた熱い実践の手記です。尊敬する秋山正子さんは、30年後の医療の姿を考える会会長もされています。


フォトジャーナリストの國森さんは「みとりは命のリレー」と言っています。実は柴田久美子さんの「看取り士」と名付けたのは國森さんだそうです。世界の紛争地を撮影してきた國森さんは天寿を全うできない死を数多く見てきた。国内でみとりを数多く取材し、「死は命のバトンをつないでいくかけがえのない出来事。遠ざけるものではなく、温かな人間関係から生まれるみとりによって「しあわせな死」が実現できる。それが残された家族にとって救いになる。恋ちゃんのはじめての看取りの絵本ある。


在宅専門のクリニックを2009年7月に開業。石賀先生は、長年住み慣れた家で、家族に囲まれて、思い思いの生活を送ることが、在宅療養最大の魅力であると話されます。病院は闘う場で、療養の場ではない。残された最も貴重な最期の時間を家族とともに過ごし、住み慣れた家であるべきと考えています。5年半で多くの患者さんと出会い、家での看取りも数多されています。四日市は在宅見取り率が全国でも上位に昇っています。末期がん患者が最期まで自分らしく過ごす在宅医療とは「最期まで、命かがやいて」のタイトルで幻冬舎様より本が発売されています。石賀先生は「私ごとですが、医師として14年間育ててくださった患者様に感謝の意味をこめて出版させていただいた」と言われています。

ささいえあいのまち創造基金 リンク
画像クリックでリンクできます。

「ささえあいのまち創造基金」は、「ささえあい(=やさしさ、協働)」・「創造(=力強さ、未来志向)」の2つの意味をもつ、顔が見える範囲での、市民全体によるまちづくりを目指すものです。

ささえあいのまち創造基金では、資金協力にも、物品や人材の支援も受付けています。

あした葉も「ささえあいのまち創造基金」の助成金を受けております。

[あたたかい看取りのための連携]この看板は、あした葉副会長で訪問マッサージ業をされている森健さんの作品です。いつもあたたかな文字で手作り感のある看板でみなさんから好評を得ています。

あした葉サロンの一コマです。この方は、92歳であした葉の講演会で会場から発言をされ、会場の空気が一気に変わり人生の大先輩として説得あるものでした。あした葉の会員になってからも一石を投じていただきます。川柳も一流であした葉の機関紙に載せてもらっています。尊厳ある人生をまさに自で送られています。向学心、利他の精神、行動力に脱帽です。

copyright (C) 2015 あした葉  all rights reserved